2020年シリーズ戦

2020年モダンボートシリーズ戦集計表

木崎湖モダンボートシリーズ戦年間
画像クリックで拡大

2020年のモダンボートシリーズ戦、年間優勝は宮下さんでした!おめでとうございます!

木崎湖モダンボートシリーズ戦JACKALL水野カップ

第7戦:11月1日(日)

前日の10月31日は46年ぶりにハロウィンと
マイクロムーンと呼ばれる満月が重なるという奇跡の1日だったのですが、
それが翌日のこの日にどんな影響を与えたのでしょうか。

それとも影響を与えなかったのでしょうか?

年間優勝が決定する最終戦でした。

第7戦結果

第7戦 成績順位  
順位重量(g)氏 名
12,350深澤 英登
22,000辻川 浩継
31,760宮下 康司
41,660豊嶋 仁
51,315小嶋 祐介
61,250長田 健汰
71,155河内 孝明
8845田中 雄基
9160北村 剛
100久保 和幸
100宮島 弘光
100高橋 守
100大塚 章雄
100宇海 彩香
100喜代浜 知明
100長田 和樹

協賛スポンサー

木崎湖モダンボートJackall協賛
JACKALL様
木崎湖モダンボートシリーズ戦
つり具おおつか長野店様
木崎湖モダンボートシリーズ戦ジャッカル水野浩聡
司会進行はジャッカル水野浩聡プロ

優勝 深澤様

湖南エリア

ソアリンシャッド(ブラック)

ライトキャロ

水深6~7m

午前中に2本連発し、他にもバイトはあったもののリミット揃わず…それでも優勝でした!

第2位 辻川様

弁天前 水深9m
牡丹屋前 水深5m

シルクワームのキャロ
スワンプミニのネコリグ

帰着前に牡丹屋前で2本目がうまく入って準優勝!

第3位 宮下様

稲尾沢流れ込みの北側、正面、南側

タイニーレインズホッグ

水深6~7m

何度か入り直しながら探っていって本日唯一のリミットメイクを果たし3位入賞でした!

4位 豊嶋様

5位 小嶋様

ワカサギについている水深12m以下のスーパーディープのバスを狙うパターンと、ミドルレンジにいる単発のバスを狙うパターンがありましたが、上位入賞の方の傾向は水深6~9mというミドルレンジ寄りに多かったようです。

また、2時帰着の寸前くらいで2本目と釣る方もおり、午前中からのバスのポジションの変化を上手く捉えた方が上位になっていたようです。

また来年も熱い試合をよろしくお願いします!

第6戦:10月4日(日)

秋晴れとはいきませんが、曇天無風で釣りはしやすい状態でした。
前評判では釣れていないという話が飛び交っていましたが、結果はどうだったのでしょうか。

今回はdeps様の後援によりますプチdepsカップになりました。

第6戦結果

順位重量(g)氏 名
13,060田中 雄基
22,190宮島 弘光
31,975小嶋 祐介
41,840豊嶋 仁
51,785辻川 浩継
61,660藤原 貴之
71,465北村 剛
81,355河内 孝明
91,190大塚 章雄
10975宮下 康司
11550長田 健汰
12520深澤 英登
13435宇海 彩香
14250土井 努
15230橋本 秀三
16195石川 宏
17145久保 和幸
17145長田 和樹
190喜代浜 知明

協賛スポンサー

2020年シリーズ戦
deps様

優勝 田中様

オレンジ別荘

セイラミノー

朝イチ3連発からの9時にエレキ故障…その後1本入れ替えできての優勝でした!

第2位 宮島様

放水路

ダウンショット

終了1時間前の3連発での準優勝でした!

第3位 小嶋様

稲尾沢沖

水深9m

キャロライナリグのリフトのリアクションで

4位 豊嶋様

湖南、キャンプ場沖

ライトキャロ

シルクワーム

5位 辻川様

農具川西側

ネコリグ

ダウンショット

普通に釣っていれば厳しい時期ではあり、まずはキーパー3本を揃えたいところですが、優勝の田中さんは1,390gのBIGフィッシュをウェイインするなど、上位の方々はハイクオリティな魚が目立ちました。

全体的には表層かボトムの釣りの2極端でした。

次戦、年間優勝が決定します!

第5戦:9月6日(日)

夏から秋へと変化する移行期であり、変わりやすい天気が続く木崎湖です。
こんな時期のバス釣りはとても厄介ですね。

第5戦結果

順位氏 名重量(g)
1河内 孝明1045
2大塚 章雄890
3橋本 秀三870
4中村 雅順845
5藤原 貴之810
6石川 宏770
7北村 剛710
8宮下 康司700
9深澤 英登680
10西村 友里575
11小嶋 祐介400
12豊嶋 仁430
13田中 雄基250
14宮島 優希195
15久保 和幸170
16宇海 彩香145
17宮島 弘光0
17高橋 守0
17土井 努0
17松永 純一0
17遠藤 友貴0

協賛スポンサー

2020年シリーズ戦
deps様
木崎湖モダンボートシリーズ戦
つり具おおつか長野店様

優勝 河内様

キャンプ場東

水深6m

キャロペラ

第2位 大塚様

稲尾沢

水深10m

2インチヤマセンコー

ノーシンカー

第3位 橋本様

浮桟橋東側

水深8m

キャロクランク

秋の天気と木崎湖の天気は本当に変わりやすく、前日までのプラがまったくあてにならないような状況だったようです。
こういう時は20センチのキーパー1本の重みがとても重く感じます。
順位をキープするには小さくても3本揃えて我慢の釣りをすることも必要なんですね。

第4戦:8月2日(日)

長かった梅雨が開けたのか、この日はドピーカンな天気になりました。
急激な天候の変化になりましたが、みなさんプラクティス通りの成果は出せたのでしょうか。

第4戦結果

順位氏 名重量(g)
1北村 剛2250
2藤原 貴之1930
3花岡 瑞綺1655
4宮下 康司1140
5橋本 秀三1010
6滝沢 淳900
7宮島 弘光780
8河内 孝明615
9松永 純一515
10田中 雄基510
11宮崎 駿335
12小嶋 祐介265
14久保 和幸105
15石川 宏
15深澤 英登
15高橋 守
15宇海 彩香
15萬羽 良太
15赤羽 優平
15中村 雅順
15長田 健汰
15豊嶋 仁

協賛スポンサー

2020年シリーズ戦
deps様
木崎湖モダンボートシリーズ戦
つり具おおつか長野店様

優勝 北村様

水深5m
キャロ
シザーコーム

第2位 藤原様

沈み虫メインで

第3位 花岡様

前週まではディープで釣れていたバスが1段階シャロー側へ上がったようです。

ベイトは相変わらず8mぐらいに多かったようですが、釣れているバスはそれより浅く、ただし小バスも混ざる。

全体的にライトリグが強かったという結果となりました。

第3戦:7月5日(日)

心配された大雨に見舞われることなく大会は行われました。
結果として辻川様の連覇ということになりました。次戦では誰が連勝ストップさせるのでしょうか。

第3戦結果

順位氏 名重量(g)
1辻川 浩継2755
2中村 雅順2725
3小嶋 祐介2580
4田中 雄基2205
5久保 和幸2170
6宮下 康司2080
7宮島 弘光2045
8松永 純一1235
9中桐 優希1135
10杉野 邦茂1000
11高橋 守920
12北村 剛840
13宇海 彩香730
14萬羽 良太705
15石川 宏650
16長田 健汰575
17河内 孝明335
18大塚 章雄295
深澤 英登
橋本 秀三
土井 努
宮原 朋己
喜代浜 知明

協賛スポンサー

2020年シリーズ戦
deps様
木崎湖モダンボートシリーズ戦
つり具おおつか長野店様

優勝 辻川様

キャンプ場沖
水深8メートル
スワンプミニなど
ネコリグ、フリーリグ

準優勝 中村様

ネコリグ

3位 小嶋様

ダウンショット

農具西

4位 田中様

セイラミノー
ソアリンシャッド キャロ
ジャカゴ

5位 久保様

キャロ
パウワウ

第2戦:6月14日(日)

梅雨入りしてからの本格的な梅雨らしい天気の中、第2戦が行われました。

第2戦結果

順位氏 名重量(g)
1辻川 浩継2915
2北村 剛2700
3宮下 康司2315
4河内 孝明1960
5土井 努1625
6深澤 英登1600
7橋本 秀三1500
8田中 雄基1440
9大塚 章雄1215
10久保 和幸1020
11宮島 弘光965
12中村 雅順895
13高橋 守605
14石川 宏495
15赤羽 優平310
宇海 彩香
萬羽 良太
宮原 朋己

協賛スポンサー

2020年シリーズ戦
deps様
木崎湖モダンボートシリーズ戦
つり具おおつか長野店様
木崎湖モダンボートシリーズ戦

優勝 辻川様

計7本
ネコリグ
B&G前・稲尾
水深4m

木崎湖モダンボートシリーズ戦
第2位 北村様
木崎湖モダンボートシリーズ戦
第3位 宮下様

第1戦:4月12日(日)

新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止となりました。

お電話はこちらをタップ