木崎湖モダンボート2022年シリーズ戦 第5戦【ノースフォークコンポジットカップ】が行われました!

第5戦:10月2日(日)
ノースフォークコンポジットカップ

 木崎湖の秋は早い!朝の気温は早くもひと桁台を記録しましたが、真っ暗な早朝から戦いの準備を始める選手の皆様の熱心さにはつくづく感心させられます!
シリーズ戦はいよいよあと2戦を残すのみですが、季節的にはワカサギ釣りのお客様が激増し、他の木崎湖利用者さんもいて狙ったポイントに入りにくいであろうと思われるなかで、いかに謙虚かつ熱いハートをもって戦えるかが主催者側の個人的なテーマでありました。

また本日は急きょ、ノースフォークコンポジット様が賞品として新作スピニングロッドを協賛してくださり、冠スポンサー様としてノースフォークコンポジットカップとなったことで、選手の皆様にもさらに気合が入り直したことだっと思います!
 そんな皆さんの結果は次の通りとなりました。

第5戦結果

第5戦 成績順位  
順位重量(g)氏 名
11,860小谷 隆司
21,710松永 純一
31,000喜代浜 知明
4920石川 宏
5855北村 剛
6690宮下 康司
7675細野 雅寛
8575河内 孝明
9515宮島 優希
10510辻川 浩継
11415土井 努
12375土井 智夏
13360寺島 俊明
14260久保 和幸
15230田中 雄基
16140宇海 彩香
170高橋 守
170深澤 英登
170瀬賀 敦

協賛スポンサー様

(順不同)

木崎湖モダンボート2022年シリーズ戦 第5戦【ノースフォークコンポジットカップ】が行われました!
マリンライセンスロイヤル様よりご協賛いただきました

優勝 小谷様

朝からオレンジ別荘で表層狙いでも浮いて来ず、魚探には8mラインに良い映像が映っているのでシャッドキャロなどを試しても食わず、再び魚探で確認すると12~13mにいることがわかり、ここは譲れないと判断し、そこで粘る。
釣りかたは1mリーダーのダウンショット、ルアーはエコギアアクアのアジストレートでした。雑誌で伊藤巧プロが使っているのを見て、秋は匂いの強いのが効くと感じていたので、買って来てみたらよかった!とのことでした!

第2位 松永様

前回同様、ライブスコープを使ったライブシューティング。非常にタフな日で良いパターンもなく、470グラムのバスで雄叫びを上げたくなるくらい嬉しかったところでしたが、最後に800gオーバーが入ってなんとか2位に入れたとのことでした。
 さらに詳しく聞いたところ、狙いのエリアはなんと優勝の小谷さんと全く同じ激狭のピンポイントだったとか。
まったく移動してくれないのでかなりイライラしたそうですが、隣に入ってプレッシャーを与えるようなことをせず、正々堂々と戦ったということでした。さすがです。

第3位 喜代浜様

先月購入したライブスコープで練習していたのがうまくいっておらず、前年優勝したシャローのサイトで押し切ろうとしたものの良い魚が発見できず、いても食わず、沈み虫とスワンプのノーシンカーでなんとか釣ってきたという感じでした!

ノースフォークコンポジットの新ロッドをゲットしたのは細野様!

ノースフォークコンポジットの堀口さまがご来店、既存製品や未発表モデルのプロトなどを展示され、会社概要や今後の製品ラインナップの方向性などをお話し下さいましたのち、来シーズン発売予定のウルトラライトスピニングモデルをジャンケン大会にて進呈!
 見事ゲットしたのは細野さんでした!おめでとうございます!

本日はかなりタフな試合となってしまいましたが、結果としては年間上位の方が本日も上位に多くいるところを見ると、攻めの釣り、守りの釣りのいずれも上手なんだなと、改めて感じさせられました。
 また2位の松永さんのフェアプレイ精神や、他の皆様もデッドスローエリアを遵守したり、ワカサギ釣りのお客様と誰一人トラブルを起こすことなく試合をこなしていただくなど、謙虚な姿勢にも改めてリスペクトを感じました。
 ご参加いただく皆様、いつも本当にありがとうございます。

試合はあと1試合となりました。みなさまひとつでも順位が上がるよう、最終戦もがんばりましょう!

爆釣祈願・釣行安全のお守りステッカー

木崎湖の釣行安全と爆釣祈願のお守りステッカー

釣り人用
お守りステッカー

木崎湖畔にある仁科神社にて正式に釣行安全・爆釣祈願を祈祷した由緒あるものです。授与ご希望の方は当店窓口にてお申し付けください。

詳しくはこちらをタップ

 

当店へお越しの際は各都道府県より出ている新型コロナウィルスに対するガイドラインに従っていただきますよう、ご協力をおねがい致します。

お電話はこちらをタップ