木崎湖モダンボート2022年シリーズ戦 第3戦が行われました!

木崎湖モダンボート2022年シリーズ戦 第3戦が行われました!

第3戦:7月10日(日)

 前回の試合からわずか2週間後の本戦。天気予報では前日より豪雨の予報が出ておりましたが、明けてみればまずまずの晴れ!
プラで釣れていた方も釣れていなかった方もそれぞれの心の期待や不安を掻き回された感じでしたが、安全面で考えれば晴れてくれてよかったというものです。
しかしながら天気予報の裏切りのように釣果は裏切られたくないもの。
結果はどうだったのでしょうか。

第3戦結果

第3戦 成績順位  
順位重量(g)氏 名
12,855松永 純一
22,740瀬賀 敦
32,645樗澤 克己
42,005辻川 浩継
51,410北村 剛
61,155豊嶋 仁
7955寺島 俊明
8915宮下 康司
9910小谷 隆司
10835細野 雅寛
11825喜代浜 知明
12815田中 雄基
13785高橋 順次
14720宮島 優希
15275石川 宏
160久保 和幸
160河内 孝明
160大塚 章雄
160深澤 英登
160轟 元明
160桜井 瑞樹
160土井 努
160加藤 雅臣
160小山 五行
160宮島 弘光
160土田 雄弥
160長田 健汰

協賛スポンサー様

(順不同)

優勝 松永様

前戦同様にライブスコープでのシューティングですが、前回と違うのは使用ルアーで、ガルプのインチホッグ。
これを良い群れを探してからのダウンショットスイミングただ巻きでバスに競わせて釣る釣り方。群れのレジを見極めてしっかりレンジをキープできればココン!と食うという感じ。
お昼までは1本と厳しい展開でしたが、お昼の風が吹いたタイミングでキャンプ場沖で3連発、帰り際のモダンボート前で入れ替えに成功という展開でした!

第2位 瀬賀様

前回の試合で見つけていた魚がどのポジションにいるかを探り、7mくらいにいる「ワカサギ着きではない魚」に狙いを絞ってイモケムシのノーシンカーのフォールまたは放置で。
プラでは北の魚の方がウェイトがあると分かっていたので、ローボートながら北へ向かい勝負。
2本釣ったところで食いが止まってしまったが最後にキャンプ場沖でなんとかキーパーが釣れて結果2位でした。この小さな1本が大きかった!

第3位 樗澤様

2本で2645gというビッグウェイト。
プラで良かった変電所前の水深5~7mに貼りつく作戦。
9時ぐらいに1本釣れたものの、その後反応なく、いったん反応がなくなったので外れ、昼ごろに入り直したところ2本目。
いずれもイモケムシのノーシンカーの放置で。
プラでの感触を信じてやり通した結果でした。

今回、長野のローカルルアーブランド「ONE OFF」様が新製品の「ゴリバグシュリンプ」をご協賛くださいました。代表の宮入さまと開発者であり出場選手であるの豊嶋様(今回ゴリバグシュリンプでキロアップを釣ってこられました!)から商品のご説明もあり、大変興味深かったです。

試合の結果としましては、プラでいい感じに釣れていたのがそのまま通用した方と、プラの時とは大きく変化してしまった方に分かれたという感じでした。
バス釣りの難しさを痛感する内容だったと思います。
そして上位の方の共通点は、理由は分かりませんが、9時ごろと12時ごろにバイトが集中していたという点でした。

また、2位の瀬賀様と3位の樗澤様はローボートということで、誰にでも可能性があることを示してくれたのではないかと思います。次回もぜひ皆さんで頑張りましょう!

爆釣祈願・釣行安全のお守りステッカー

木崎湖の釣行安全と爆釣祈願のお守りステッカー

釣り人用
お守りステッカー

木崎湖畔にある仁科神社にて正式に釣行安全・爆釣祈願を祈祷した由緒あるものです。授与ご希望の方は当店窓口にてお申し付けください。

詳しくはこちらをタップ

 

当店へお越しの際は各都道府県より出ている新型コロナウィルスに対するガイドラインに従っていただきますよう、ご協力をおねがい致します。

お電話はこちらをタップ